補助制度(市区町村)

■対象強化流域

対策強化流域は、過去の浸水被害状況(浸水棟数、被害額)、降雨状況(豪雨の発生頻度)、流域特性(人口、資産額などの被害ポテンシャル)、対策状況(河川整備、下水道整備などの対策状況)を評価して、特に対策を強化すべき流域として9つの流域を選定しています。

■選定条件

■過去の浸水被害状況(浸水棟数、被害額)

■降雨状況(豪雨の発生頻度)

■流域特性(人口、資産額等の被害ポテンシャル)

■対策状況(河川整備、下水道整備等の対策状況)

 :対策強化流域

■下記の9つの流域をクリックいただくと、各流域を構成する区市の対策量の現状と目標値をご覧になれます。

対策強化流域にかかる29区市の補助事業に関わる情報の一覧です。
詳しくは、各区市のHPをご確認下さい。